人気の高い引越し業者と、小さな引越し屋さんが同等ではないポイントとしては、

やっぱり「料金差」になります。

全国展開している引越し屋さんはこぢんまりした引越し会社の金額と比較すると、

数千円から数万円ほど金額が膨らみます。

運搬時間が短い引越し向きの会社、遠方にぴったりな会社などそれぞれ特色があります。

順番に見積もりを依頼するのでは、ひどく非効率的です。

時間を割けないから、大きな会社なら大丈夫だろう、見積もりは時間を食うので、

手を抜いて引越し業者を見繕っていないでしょうか?

遠慮なく言うと、そうなら無駄の多い引越しです!

a0001_015965

単身引越しの支出の相場は、1万円札3~10枚となります。

然れども、この額面は短時間で済む引越しです。

けっこう離れている引越しを計画しているのなら、結果的に出費はかさみます。

異動が多くなる初春は、どんな時節よりも殊の外、引越しが多い季節になります。

この引越しに適した季節は、どこの引越し会社に聞いても、

引越し料金が高めになっています。

サービス料が割高になるにせよ、定評のある日本中にネットワークのある

手広い引越し業者を選択しがちですが、レビューなどを読むと、

派手ではない大手ではないところにもCSの高いところが散見されるようです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

アーカイブ